ビークルマニア

ビークルマニア 車とバイクの動画紹介ブログ

【最新情報】マツダのロータリーエンジンを搭載した新型スポーツカー「RX-9」が2019年に発表!?

   

img-figure11

時には批判を浴びたロータリーエンジン

それでもマツダは負けじと復活を志している。

20151028_01j

2015年の東京モーターショーの華となったマツダのRX-VISIONが2019年に市販化するという噂があるという。

 

次世代型ロータリー・エンジンを搭載したピュア・スポーツカーの開発が、マツダの役員会で承認されたというのだ。

 

その前に、2017年の同ショーでまず「市販型に近いプロトタイプ」を公開するそうだ。

 

p1

実は2017年という年は、1957年にフェリクス・ヴァンゲル氏が自身の名前を冠したヴァンケル・エンジンの試作機を初めて完成させてから60年目にあたる。

 

また1967年にマツダが初めてロータリー・エンジンを搭載した市販車「コスモスポーツ」を発売してから50年目となる重要な年という、まさに2017年はマツダにとって重要な年になるのだ。

 

そして2020年1月、マツダの創立100周年という節目を迎える。それを記念してRX-9は発売されるという予測が建てられる。

 

そう考えれば2019年の東京モーターショーで市販化が発表されるという可能性は十分考えられるというわけだ。

 

16X_1RX-9は当初「16X エンジン」と呼ばれていたエンジンは「SKYACTIV-R」とされ、1.6リッター(800cc × 2)の2ローター・ヴァンケル型エンジンを搭載し、これにシングル・ターボチャージャーを組み合わせ、400ps前後の最高出力を発生するという。

 

エンジンに関しては数年前から噂されていたが、RX-7に搭載されていた13Bエンジンから0.3リッターの排気量アップということになる。

 

マツダのエンジニアはRX-9の量産モデルを1,300kg以下に留めることを目標にしているという。トランスミッションをリアディファレンシャルと一体化したトランスアクスル方式を採用するため、前後の重量バランスはややリア寄りになるそうだ。

 

0000001_mazdarx

RX-9の価格は800万円前後となると予想されているが、先日紹介した新型NSXは2370万円、日産GT-Rのピュアエディションが996万円、NISMOパッケージで1870万円という価格設定のところを見ると、RX-9も1千万円クラスのスーパースポーツカーとなる可能性もある。

 

なんにせよ日本車にもまたスポーツカーを作る時代が到来してきていることには車好きにとって喜びを感じることには間違いないだろうし、世界のスーパーカーに匹敵する車を何種類も作れば日本の車づくりの技術も世界から恐れられることにもつながる。

 

日本製のスーパーカーがヨーロッパ製スーパーカーを凌駕する日も近いだろうと確信している。

 

Youtube動画 : 2016 Mazda RX-VISION – Paris

 

ロータリー エンジン ローター型 キーホルダー キーチェーン キーリング (シルバー)

 - クルマ ,

この記事にコメントをどうぞ!

  おすすめ記事

【凶暴】クロームブロンズカラーのGT-R R35がハイウェイにて文字通り火を吹きながら走る

その普通じゃない外見通りの凶暴な走りを見せるR35 GT-R。 クロームブロンズ …

【マフラー比較】ランボルギーニ アヴェンタドールのサウンドの違いをチェック!

ランボルギーニ アヴェンタドールで2社のマフラーサウンドを比較。 今回比較するの …

【680馬力】20Bロータリーエンジンを積んだRX-7 SA22Cがバサーストサーキットを爆走!

初代 サバンナRX-7 SA22Cがバサーストサーキットを爆走する。 ロータリー …

【DQN】どんちゃん騒ぎの超迷惑カーミート。これには警察もお怒り・・・

お祭り騒ぎのカーミーティング。 スーパーカーからスポーツカーまでが好き放題大暴れ …