ビークルマニア

ビークルマニア 車とバイクの動画紹介ブログ

世界が望む復活してほしい日本の絶版スポーツカー5種 選ばれたのは○○でした!

      2016/05/22

5211

数々の規制や日本の車業界の衰退などさまざまな要因に翻弄され続々と姿を消していった日本が誇る名車達。

世界でも評価された車種は非常に多く絶版車種の復活を望む声も多いようです。

今回紹介する車種はUPされた海外動画の個人的TOP5ということなので、

みんなが納得する車種なので「世界が選ぶ復活してほしい国産絶版車5選」ということで紹介します。

5212

1.日産-シルビア

日産の定番スポーツカー。主にチューニングカー、とくにドリフト用にチューニングされたドリ車として現在でも根強い人気を誇る車です。

 

 

5213

兄弟車のワンエイティ180SX(も説明不要の人気車ですよね。上画像は海外仕様の240SX)。

シルビアは販売不振や平成12年排ガス規制の影響を受け2002年に生産を終了しました。

シルビア復活のうわさもありますがぜひ実現してほしいものです!

 

 

5214

2.ホンダ-S2000

本田技研工業創立50周年記念として、1998年に発表、1999年4月に販売開始。ホンダとしては29年ぶりに復活したFR車。

オープンカーでありながら、走りにも一切の妥協は無く、本格的なスポーツカーとして愛された名車です。

2009年8月に生産終了。

最近ではS660の発売が記憶に新しいですがS2000の復活も期待されています。

 

 

5215

3.マツダ-RX-7

これこそ日本が世界に誇る最高のロータリースポーツカー!最終型FD3S型の高次元の走りだけでなく、その美しいフォルムに魅了された人たちも多いはず。

平成12年度排出ガス規制に対応できなかったため生産を終了。

長年復活を望む声があがり続けていましたが、昨年、ロータリースポーツカーのコンセプトモデル「RX-ビジョン」が発表され復活が現実的になってきたかも!?

 

 

5216

4.三菱-ランサーエボリューション

元々はWRC出場ホモロゲーション取得のために発売されたランサーの発展モデルでしたが、初代から人気が高く現在までランエボの愛称で親しまれてきましたが2016年4月ランサーエボリューションXのファイナルモデルが販売終了し絶版車に。

 

 

5217

5.トヨタ-スープラ

トヨタが誇る本格スポーツモデルで最終型(A80型)に搭載される2JZエンジンは非常に高性能で競技車両やチューニングカーのベースエンジンとしての需要もあります。

映画ワイルドスピードでポール・ウォーカーが乗る車としても非常に有名ですね。

こちらもシルビア、RX-7同様に平成12年度排出ガス規制に対応できず生産終了となりました。

しかしこのスープラも新型のうわさが!?スープラの後継車、コンセプトカーとしてFT1が発表されています。実際に市場に登場する日が来るといいですね。

 

 

以上が「世界が選ぶ復活してほしい国産絶版車5選」でした。

皆さんも復活を望む車達かと思いますが、これが世界からも復活を望まれている車種だとちょっとうれしいですよね。

 

 

Youtube動画 :Top 5 Discontinued Japanese Cars That Need To Be Brought Back #1

 

 

AUTOart 1/18 マツダ RX-7 (FD) スピリットR タイプA (ホワイト)

 - クルマ

この記事にコメントをどうぞ!

  おすすめ記事

【1000馬力オーバー】スープラVSコルベット 真昼のストリートレース!

とある海外の道路では真昼間からストリートレースを行うスープラとコルベットの姿が。 …

マスタングにシボレーのエンジン!?NOSを積んだ700馬力のFOXマスタングがドラッグレース!

シボレーのLSエンジンを積んでしまったFOXマスタング。5.3LのV8にNOSを …

【ヒルクライム】軽量・パワフル!サーキット仕様のフェラーリ F355が峠を攻める!

本格的なサーキット仕様のフェラーリ F355が迫力のヒルクライム。 500馬力の …

【JDM】VIPからストリートまで様々なシャコタンカーが集まる。海外のカスタムミーティングの潜入映像!

VIP系からストリートスタイルの車までさまざまなカスタムカーがカリフォルニアの某 …